葬儀やお墓を建てるときにかかるコストって一体どれくらい?

お墓を建てたいけど・・・建てるためにかかるコストってどれくらいの金額?私でも建てることはできる?また、葬儀のプランやかかる費用とは? - 気になる葬儀やお墓を建てる際のコスト

気になる葬儀やお墓を建てる際のコスト

人は永遠に生き続けることはありません。誰しもいつかは命が尽きます。そして親族が亡くなるとお墓を建てたり葬儀をしたりでお金がかかります。お墓を建てる時にまず気になるのは、どのくらいのコストがかかるのかといったことではないでしょうか。冠婚葬祭は、その分野の職業にでもついていない限り、なかなか細かい情報を把握している方は少ないものですし、一体どのくらいが相場であるのかも知らない方が多いのではないでしょうか。

自分自身で生きている間に建立する寿陵墓であれば、じっくりと時間を掛けて選ぶことも出来るでしょうが、親が亡くなってからお墓の必要性に迫られるというケースでは、なかなかに迷ってしまうことではないでしょうか。コスト面に関しても、あまりコストカットをするのは両親に対して申し訳ないという気持ちも生まれてくるものです。葬儀に関しても一緒です。ここでしっかりとコストについて考えてみましょう。

相場価格について

ここでしっかりとある程度のお墓を建てる場合の相場価格を把握していれば、いざというときに迷うことなく決定することが出来るでしょう。まずお墓を建てる場合、必要になるのは墓石にかかるコストと、その加工料だけではないということです。これ意外にお寺の土地を使用するために必要になってくる永代使用料とお墓を管理してもらう管理費が必要になります。

更に前述にある加工料はもちろん、その土地まで運搬をし、設置するという施工費も掛かります。更に戒名の作成にもお金が掛かりますし、それを墓石に彫刻する彫刻代も別途発生します。近年では自然災害に関しての関心も高く、お墓に関しても耐震加工を施すことも勧められています。

相場は全て込みで70万円から200万円と言われています。近年では核家族化が進み、地元と自身が骨を埋めたい場所が離れているという方は少なくありませんね。自分の先祖が眠っているお墓にお参りはしたいし、しっかりと管理をしたいと思っていても、物理的に無理というような環境に置かれている方は多いのではないでしょうか。

だからといって、まったく放置をするというのは、先祖の霊に対しての冒涜と言わざるを得ません。

気になるお墓を建てるコスト

改葬

そこで近年増加しているのが、改葬という方法です。改葬とは新しく自身が十分に通える場所にお墓を建てて、以前まで埋葬をしていた先祖の遺骨を取り出し、新しい場所に埋葬し直す行為をいいます。

つまりは先祖の遺骨のお引っ越しということです。更に核家族化ばかりではなく、独身を貫き通し、自身が亡くなってしまうと、先祖代々の墓守をしてくれる人間がいないという方が、先祖の霊をしっかりと祀ってもらえるように、自身の遺骨も含め、永代供養墓へと移したいというケースが多くなっています。

改葬にはいくつかのステップを踏む必要がありますから覚えておきましょう。まずは個人的にお墓を建てる場合でも、永代供養墓に移す場合でも、新しく埋葬する場所での受入証明書の発行が必要です。更に引越し前に埋葬されている埋蔵証明書を各管理運営主体からもらい、改葬許可証を発行してもらいます。

更に専門業者を利用して遺骨の取り出しをしてもらい、閉眼供養というものを行います。墓石の処分をしっかりとして、お墓があった場所も綺麗な更地にしておく必要もあるのです。
霊園選びについて疑問があるという方は絶対に情報収集をおこなっておきましょう。

葬儀について

葬儀は一体どれくらいの金額がかかってしまうのか?疑問に思う方もいらっしゃるでしょう。
しかし葬儀といっても様々なプランがあります。シンプルに小さい規模で行う家族葬。家族や友人を招いて行われる一般葬。そして大規模なご葬儀、社葬。プランによって金額は様々ですので、予算を考えながら選ぶことができます。

お墓や葬儀について気になる方は、家族葬なら「花葬儀」へお問い合わせください。

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫

更新情報

霊園・墓地・お墓の情報なら【もしもドットネット】 霊園・墓地・お墓の情報なら【もしもドットネット】 【お墓まごころ価格.com】墓石カタログ通販-墓石の値段や価格相場、デザインから工事まで含んだ費用で日本全国対応します 【お墓まごころ価格.com】墓石カタログ通販-墓石の値段や価格相場、デザインから工事まで含んだ費用で日本全国対応します

アーカイブ